東南アジア、タイのルーイ県現地農場の様子

サワディーカップ!

タイの村で農業しながらローカルライフを送っているChihiro(@chihiro1350)です。

日頃よりマイフード をご利用いただいているお客様には感謝いたします。

今回は、タイのルーイ県にある現地農場について書いていきます!

この記事は、こんな人におすすめ

・マイフードを利用している人

・タイの農業を知りたい人

・海外の農業に興味がある人

ルーイ県とは?

ルーイ県は、バンコクからバスで約9時間、飛行機で約1時間行ったところあります。

ラオスと国境も接している県です。

飛行場があるルーイ市内から車で1時間半ほど行ったところに現地農場はあります。

市内から農場に近づくにつれて見える景色が変わっていくのが印象的です。

お米やトウモロコシ、ドラゴンフルーツにバナナがあったりと、日本でも見る機会が少ない果物の様子を見ることができます!

山に囲まれている現地農場

現地農場は、山に囲まれた自然溢れる場所です。

標高が比較的高く山間部に位置しているからです。

時には霧が立ち込み、雲が低い位置で流れる様子は雲海と言えないまでも幻想的な景色になります。

天候が変わりやすく、二つの虹が重なることも。

このような景色に囲まれた場所で私たちは野菜を作っています。

耕運機を使いながら、時には農家さんと一緒に鍬だけで土を耕すこともあります。

日本人スタッフはタイ農家さんと一緒に農業している

現地農場では、日本人スタッフが駐在しています。

農家さんと一緒に、試行錯誤しながら無農薬有機栽培の指導にあたっています。

今後も、無農薬有機栽培で生産者と消費者の暮らしを良くし、さらに環境面での負荷も少なくする「三方良し」のビジネスを各地で進めていきます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 
   

SNSでシェア

大学卒業後、青年海外協力隊として2年2ヶ月間アフリカのタンザニアへ!

帰国後はタイにて無農薬有機栽培による生産!

ゆくゆくは、農業ビジネスでアフリカにて新規雇用創出と食糧問題の解決へ。