A.W.E.Intertrade Co.,Ltd設立11年目!!

その他

サワディーカップ!Chihiro(@chihiro1350)です。

 

2017年11月16日をもちまして、A.W.E.Intertrade Co.,Ltdは設立11年目を迎えました!

 

『マイフード』や『おらが畑の野菜』は商品名ですが、お客様に親しみを持って読んでもらっています!

 

 

今回は、少しですがAWEの歴史に触れていきたいと思います!

 

 

2006年に設立されました

 

今でこそマイフード の無農薬有機野菜やお米はタイで有名になっていますが、始めた当初は売られているオーガニック作物は1つもありませんでした。

 

 

 

 

そこで、安心・安全なものが食べたいお客さん、最低限の生活をしたい農家さんを農業ビジネスで繋げたのがAWE、マイフード でした。

 

A.W.E.Intertradeについて | A.W.E.Intertrade
A.W.E.Intertradeでは、生産者と消費者が安心して暮らしていく仕組みを農業ビジネスを通して作っています。

 

それから11年が経ち、タイは経済発展をしてきました。

 

バンコクのスーパーやショッピングモールに行けば、オーガニック野菜や日本米が手に入ります。

 

ですが、まだまだタイの農村部に行けば貧しい生活をしている人も見かけます。

 

今後は、生産管理部がそれぞれの地域で農家さんに指導を行い、農場を管理できる農家さんを増やしていく方針です。

 

タイの土地や資源は、タイの人のものだからです。

 

彼らが持続的に管理、経営できる仕組みを作っていきます!

 

 

AWE代表メッセージ

 

AWEのバンコク本社には、こんな言葉が掲げられています。

 

「社会と人の環境を考え

常に役立つ事を重視する

それがビジネスの真意である」

 

 

「夢を目標に変え目標を計画にする

日々計画を達成すれば

夢は夢に終わらず」

 

 

 

 

生産者と消費者の方々、そして循環型社会の構築、「三方よし」の農業ビジネスを展開すべくますます精進していきたいと思います。

 

 

最後に、代表の柳沢の言葉を紹介したいと思います。

 

「東南アジアの途上国において、民、百姓が潤ってこそ国が潤います。

 

でも誰かが前を歩く必要があります。

 

それが我が先進国日本の行うべきことだと私は強く思っています。

 

商売を始める時、金銭利益を優先するのではなく人々にどれだけ貢献できるか?

どれだけ必要とされるのか?

それをしっかり分かれば利益は後から必ずついてきます。

損得勘定で得られる利益は限りがあり大したことではありません。

与えてこそ与えられます。

 

ピンチの時こそチャンスを与えます。

そうすればピンチはチャンスに変ります。

 

そしてそれが出来るのは、今までの経験と自分の才能と可能性を信じる勇気だと思います。」

 

A.W.E.Intertrade Co.,Ltd 代表 柳沢与志雄

 

 

今後もAWEと、マイフードの野菜、おらが畑の野菜を宜しくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
その他未分類
この記事を書いた人

大学卒業後、青年海外協力隊として2年2ヶ月間アフリカのタンザニアへ!

帰国後はタイにて無農薬有機栽培による生産!

ゆくゆくは、農業ビジネスでアフリカにて新規雇用創出と食糧問題の解決へ。

CHIHIROをフォローする
おらが畑のマイフード

コメント