農場にいてもできるお客さんとのコミュニケーション

農業

サワディーカップ!

タイのルーイ県現地農場にて毎日農作業している栗田です。

 

環境の変化が影響する農業は、毎日野菜をチェックしなければなりません。

そうなると、必然的に農場に駐在することになります。

https://nofoodnolife.com/2017/10/15/現地農場に駐在する理由/

 

農場に駐在していますと、野菜づくり(生産現場だけ)に目がいきがちですがその先の消費側(お客さん)のことも考える必要があります。

 

ですが、農場でできることは限られています。

 

それでも、先日ですがお客さんの反応を知る機会があったのでそれを書かせていただきたいと思います。

 

 

ネットの普及によってお客さんとの距離が近くなった

 

農場にいながらでも、できることがあります。

このブログもその一つです。

 

情報発信することで現地農場の生の情報を伝えられますし、何より消費者の方々が無農薬有機野菜を買うときに私たち生産者の思いを感じ取ることができるようになります。

 

生産側の人間としてもお客さんのブログを拝見させて頂いております。

 

直売店やレストランのことなどを、時間と手間をかけて一つの記事を書いていただくことほど嬉しいことはありません。

 

 

先日もマイフードを利用されているお客さんのブログを拝見し、とてもわかりやすい記事でしたのでこちらで紹介させていただきたいと思います。

 

マイフード(MY FOOD)〜オーガニック野菜やお弁当のデリバリーが便利〜 - マーサのLet's enjoy Bangkok💓
マイフードは、フジスーパーでも買うことができるオーガニック野菜の八百屋さん。1 直営店 お店は、ソイ31の入り口から5分ほど行ったアパートの2階にあります。 Google マップ フジスーパーに並んでるのを買うよりも、こちらのお店で買ったほうが新鮮でおトクなの。 精米したてのお米も美味しかった〜(^^)2 レストラン ...

 

 

こちらのブログでは直売店のことやデリバリーのことなどを書いていただきました。

さらにHPも載せてもらいました!

 

私ごとではありますが、去年HPを作りましてそれがお客さんに認知され紹介されている、そのことにとても嬉しく、とても感動しました!

 

 

今週からは現地農場ツアーも始まりますので、面と向かってお礼を言いうのが楽しみです。

 

(こちらの写真は休憩中に村の方が釣りをしていた時のです。こういう風景も都市部ではなかなか見られないものかと思います)

 

栗田

 

[siteorigin_widget class=”WPCOM_Widget_Facebook_LikeBox”][/siteorigin_widget]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
農業海外で農業する人へ
この記事を書いた人
マイフードをフォローする
おらが畑のマイフード

コメント