タイで農業をしているときに起こった自然災害!

農業

サワディーカップ!Chihiro(@chihiro1350)です。

 

農業と自然災害は切ってもきれないものです。

 

それがタイで起こったとなれば、もう予測不能ですね!

 

ここ最近だと、ルーイ県やチェンマイ県の農場でも天気が不安定な日が続いています。

 

直売店があるバンコクでも雨風が激しいと聞いています。

 

今回は、先日『農場で実際に起こった自然災害』についてお伝えします。

 

 

この記事は、こんな人におすすめ

・海外の農業に興味がある人

・農業と自然災害の関係を知りたい人

・マイフード ご利用の人

 

 

自然災害は人間が作ったものを一瞬のうちに破壊する

 

まずは、チェンマイ県の農場の様子です。

 

 

こちらはビニールハウスが建てられていた場所です。

 

強い風がビニールを引き剥がし、地面に敷いてあった黒いマルチ(ビニールシート)も破かれてしまいました。

 

ビニールが切れるほどの風ですから、植えてあった野菜もボロボロです。

 

 

こちらもハウスです。

 

風と強い雨によって鉄骨が曲がり、屋根は崩れ落ちてしまいました。

 

修復するのに時間がかかります。

 

 

 

バンコクでも自然の猛威

 

そして首都バンコクの野菜を梱包する作業工場でも被害がありました。

 

 

強い風と雨によって、木がへし折られ、飛ばされて屋根に損壊が出ました。

 

 

 

それでも、毎日の仕事と並行して現地フタッフが修復を行なっています。

 

 

 

 

 

農業は自然の営みの中で行なっている

 

チェンマイ県のハウスが破壊され、ルーイ県の農場でも被害があり、バンコクの作業場も損害を受けました。

 

それは、今後半年間野菜の生産、収穫ができないほどです。

 

それでも農場の修復をしながら農作物を作っていかなければなりません。

 

 

タイで農業をするときには、自然と向き合う必要があります。

 

一年中暑い気候のタイでは、比較的標高のある涼しい場所で野菜を栽培しなければなりません。

 

チェンマイ県の農場もルーイ県の農場も、標高がある山の中にあります。

 

ですが、天候が変わりやすく自然の影響を受けやすいです。

 

その環境の中では、

 

自然をコントロールするのではなく、自然を活用する

 

自然と対抗するのではく、自然と向き合う

 

そういった意識が必要です。

 

 

自然は大きな恩恵を与えてくれますが、同時にその大きさゆえに脅威にもなりえます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
農業無農薬有機野菜作りタイの農業

大学卒業後、青年海外協力隊として2年2ヶ月間アフリカのタンザニアへ!

帰国後はタイにて無農薬有機栽培による生産!

ゆくゆくは、農業ビジネスでアフリカにて新規雇用創出と食糧問題の解決へ。

CHIHIROをフォローする
おらが畑のマイフード

コメント