現地の文化や慣習は、子供の時の『環境』が大きく影響している

未分類

サワディーカップ!

タイのルーイ県現地農場にて毎日農作業している栗田(@chihiro1350)です。

 

農業をしていると、食と健康に関するニュースや問題について考えるようにしています。

 

例えば、『3歳までに食べたものがその後の味覚に影響を与える』という話はよく聞きますね!

 

タイの村に住んでいるとその意味がよく分かります!

 

今回は、環境が与える影響についてタイの文化とともにご紹介していきたいと思います!

 

 

辛いのが彼らの普通

 

タイ料理といえば、『辛い』というイメージがあります。

 

実際はどうかというと、、、

 

 

辛いです!

 

どうしてこんなに辛いのか、その理由を聞くと、

 

「辛くないと美味しくないから」

 

だそうです。

 

ただ、辛さというのは味覚ではなく痛覚で感じるものです。

 

タイの人がどれだけ辛い物好きかというと、唐辛子を自然農薬として使ったり、

 

農薬の種類とタイ現地農家さんが作る自然農薬について
サワディーカップ!Chihiro(@chihiro1350)です。   タイでは、一般的な農家さんが…

 

日本んでも見かけるお菓子の唐辛子倍増バージョンが売っていたり等々あります。

 

 

ですので、私はよく現地の食堂でご飯を頼む時に、辛くしないでほしい、と伝えます。

 

でも、大抵出てくる料理は辛いです。

 

わざとなんじゃないかと思うくらいの辛さです。

 

でもそれが彼らの普通なのだと最近になって気づきました。

 

彼らは、(日本人からしたら)すごく辛いというレベルが自分たちの普通なので少し辛くというのが分かりません。

 

子供の頃からその辛さだからです。

 

小さい頃からの環境が与える影響というのは恐ろしいなと思いました。

 

 

途上国でよく見かける行動も環境のせい?

 

タンザニアやアフリカの途上国、アジアの途上国を旅行していた時によく見かけた行動があります。

 

それは、ポイ捨てです。

 

タンザニアで旅行していると、待っているバスの外で売り子がモノを売りに来ます。

 

 

食べ物や飲み物も売りにくるので、みんなその人から買います。

 

そして食べ終わったゴミや飲み終わったペットボトルは外から捨てます。

 

平然とした顔で捨てます。

 

タイでも、首都バンコクは綺麗ですが村に行けば道端にゴミが落ちています。

 

これも育った場所の影響でしょうか?

 

それも一つの要因ではあると思います。

 

でもそれだけではありません。

 

 

先進国の技術が入ってきたことによる影響

 

元々は彼らが捨てていたものは、有機物でした。

 

バナナの皮やマンゴーの種など。

 

それらは土に還るものです。

 

でも、国として独立していくと同時にペットボトルやビニール袋などが先進国から輸入されて、使われ始めました。

 

つまり、彼らからしたらバナナの皮もペットボトルも同じモノなのです。

 

 

モノを捨てても土になるだろうと思っていることが、彼らの普通なのです。

 

 

道端に落ちているゴミを先進国の人たちが見て、環境に悪い、とか地球を汚していると言っている話はよく聞きます。

 

でも、それが現地に住む人の日常であり、そうなった要因というのは小さい頃からの環境が影響しているのかもしれません。

 

ただ、もしかしたら先進国の日本が与えた影響もあるのかもしれないと思うと途上国の人たちだけを非難するわけにはいきません。

 

 

目の前のことだけではなく、それに至った経緯まで見なければならないと考えさせられました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
未分類

大学卒業後、青年海外協力隊として2年2ヶ月間アフリカのタンザニアへ!

帰国後はタイにて無農薬有機栽培による生産!

ゆくゆくは、農業ビジネスでアフリカにて新規雇用創出と食糧問題の解決へ。

CHIHIROをフォローする
おらが畑のマイフード

コメント