タイの現地農場で始める『5S』の改善業務!

農業

サワディーカップ!

タイのルーイ県現地農場にて毎日農作業している栗田(@chihiro1350)です。

 

私たち日本人は、モノを使った後はそのモノをどうするでしょうか?

 

物を使ったら元の場所に戻しますよね。

 

仕事場でも学校でもそう教えられて来ました。

 

それは、物の整理がついている方が仕事の効率化に繋がるし、業務もスムーズになるからです。

 

このことを総称して、「5S」と呼んだりします。

 

 

では、このような使ったものは元に戻すという感覚は日本人以外にも当てはまるのでしょうか?

 

今回は、タイの現地農場における「5S活動」について書いていきたいと思います!

 

 

日本の感覚と海外の感覚は違う

 

開発途上国に対する日本の支援の一つとして、「5S改善」というプロジェクトがあるくらい日本は力を入れている分野です。

 

逆にいうと、それくらい途上国では基本の整理整頓ができていません。

 

タイもそうですし、私が以前住んでいたアフリカのタンザニアもそうでした。

 

栗田千尋の自己紹介
サワディーカップ!(タイでの挨拶) タイのルーイ県現地農場にて毎日農作業している栗田(@chihiro1350)です。 これが2回目の投稿になります。 このブログではタイ現地農場の話、現地での生活(村)の様...

 

5Sとは言わないまでも、まずは使ったものを元の場所に戻す

 

これだけでも大変な作業です。

 

現地の人からしたら、今までの生活習慣からは真逆のことをするのですからそれは大変ですよね。

 

タイの現地農場でも、農家さんは道具を使ったらそのままにしてしまいます。

 

クワを使って畝を立てているときに、お昼の時間になるとその場所にクワを置き去りにしてそのまま。

 

彼らからしたらお昼食べた後に同じ作業をするのだから、わざわざ持って帰る必要がないとのこと。

 

そして、午後は違う作業になるとクワはそのままの場所に置きっ放しになってしまいます。

 

次にクワ使う人は、農場を一周して探すところから始めるのでかなりの時間のロスです。

 

こんな日々が続いていました。

 

説明してもイマイチ伝わらないことに、異国同士の習慣は相入れないものなのだと半ば諦めていました。

 

 

工夫次第で変えることができる

 

そこで取り入れたのがこの方法!

 

 

一見、普通の道具置き場に見えますが、これはただの道具置き場です!

 

でも、これを設置するだけで劇的に改善されました!

 

お昼でも、仕事終わりでもちゃんと道具を戻しに来ます。

 

ということで、小物の管理もこのようにしました!

 

 

このやり方はタイでもよくあるみたいです。

 

そして、こちらも効果がありました!

 

 

タイ人の気質に合っていた

 

どうして、これだけで劇的に変わったのか。

 

タイ人は、責任を持ちたがらない気質があります。

 

タイ語から見えるタイ人の気質
サワディーカップ! タイのルーイ県現地農場にて毎日農作業している栗田です。 タイに来てから半年が経ちましたが、現地の農家さんのタイ語を全て理解するにはまだまだ先のことだなと感じています。 タンザニアの時には...

 

つまり、物を返す場所が明確になったことで、その場所に返さなかったときの責任が出てきます。

 

何か物がなくなった時に、その物を使っていたのが自分だとわかると咎められるからです。

 

だから、ちゃんと元の場所に返す。

 

彼らの元々ある気質によって整理整頓がクリアされました。

 

次は、自ら清掃したり、農場やモノの管理など清潔さを保つようにすること。

 

これが次の課題になります。

 

何か効果があった時にはまた報告させていただきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
農業海外で農業する人へ

大学卒業後、青年海外協力隊として2年2ヶ月間アフリカのタンザニアへ!

帰国後はタイにて無農薬有機栽培による生産!

ゆくゆくは、農業ビジネスでアフリカにて新規雇用創出と食糧問題の解決へ。

CHIHIROをフォローする
おらが畑のマイフード

コメント