タイで日本米の生産!今回は田植えを行いました!

サワディーカップ!Chihiro(@chihiro1350)です。

タイで日本米の生産をしています。

今は田植えの時期ですので、今回はその時の様子をお伝えします!

この記事は、こんな人におすすめ

・マイフードでお米を買う人

・海外の稲作事情を知りたい人

・タイの日本米の生産が気になる人

タイで日本米を栽培している地域は複数ある

タイで作られた日本米は、バンコクの直売店で売られています!

収穫したときには是非購入していただければと思います。

この日本米が、どこで作られているか気になりますよね!

これは、主にチェンライ県で栽培されたお米になります。

そして、今年からさらに複数の地域で栽培することが決定しました。

それは、いろいろな場所で作ることで『リスクを減らす』ためです!

一つの場所だけだと、自然災害にあったときに全滅してしまいます。

そこで、ルーイ県の農場でも日本米作りを開始し、先日田植えが終了しました!

タイの田植えは昔ながらの方法

タイでお米の産地というと、チェンライ県が有名です。

田植えや収穫も機械でやっているのをみると日本とそう変わらないなーと思ったりもします。

ルーイ県はお米が有名ではないので、機械もありませんし技術もまだまだといったところです。

そんな中でも、現地農家さんと日本米を生産すべく一緒になって取り組んでいます!

機械がないので、ルーイ農場で田植えはどうするか。

なんと、昔ながらのやり方で手で植えます!

まずは、田んぼを平らに。

そして、みんなで一斉に田植えを開始!

農場に駐在している私たち日本人もやってみましたが、農家さんの方が圧倒的に早かったです。

みんなで進めて、結局1時間くらいで終わりました!

終わりに

タイの田植えは、思っていたよりもスムーズに進みました。

これで無事に田植えは終わりましたが、まだ終わらないのがタイの稲作!

これからは、水管理と定期的な除草を一緒に進めていかなければなりません。

予想外のことも起こるだろうと思いますが、それがタイの農業の難しくも面白いところです!

随時ブログでも書いていきます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 
   

SNSでシェア

大学卒業後、青年海外協力隊として2年2ヶ月間アフリカのタンザニアへ!

帰国後はタイにて無農薬有機栽培による生産!

ゆくゆくは、農業ビジネスでアフリカにて新規雇用創出と食糧問題の解決へ。