タイ人の食事の回数は日本よりも多い!?

タイの暮らし

サワディーカップ!Chihiro(@chihiro1350)です。

 

 

タイ人と一緒に食事をした経験はありますか?』

 

 

私は、毎日タイ人の農家さんとともに食事をとっています!

 

一緒に農作業もしているので、ほぼ現地の人と同じ生活です。

 

彼らのライフスタイルで気になったのは、食事の回数!

 

今回は、1日でどれくらいの回数を食べているのかレポートしていきます!

 

 

この記事は、こんな人におすすめ

・タイ人の文化が気になる人

・タイの食生活を知りたい人

・海外のローカルな暮らしに興味がある人

 

 

朝、昼、晩はタイの主食のお米を食べる

 

タイの主食はなんといっても、お米です。

 

細長いタイ米やジャスミンティー米、米粉の麺などバラエティー豊かにあります。

 

田舎では、毎日もち米

 

活動時間である朝、昼にもち米を食べて夜はタイ米を食べるのが田舎のスタイルです。

 

 

 

写真の左手前にある、大きな竹かごの中にあるのがもち米です。

 

これを手でこねておかずと一緒に食べます!

 

腹もちがいいので、農作業をする農家さんには、なくてはならないものと言っても過言ではないでしょう。

 

では、タイ人はこういった食事の回数が日本よりも多いのでしょうか。

 

 

少ない量を回数を分けて食べる

 

結論から言うとタイ人は、食べる回数が多いです。

 

でも、私が気になったことは二つ。

 

一つは、間食の多さ

 

朝と昼の間に食べて、お昼の3時くらいに食べる。

 

夜食を食べる人もいると聞いています。

 

すると、1日に5食ほど食べていることになり、日本人よりも回数が多め!

 

 

もう一つ気になったことは、一回の食事の量が少ないこと

 

 

少ない量のお米とおかずを時間をかけてゆっくりと食べます。

 

 

複数回に分けることで余分に食べすぎてしまう、ということを防いでいるのかもしれません。

 

 

日本でも、1日に5食ほど、少ない食事ですませることがダイエットに効果的と言われています。

 

 

おわりに

 

実際にタイの人と生活をすると、食べる回数が多いのでいつも何かを食べている印象です。

 

ご飯もそうだし、果物やお菓子など。

 

ですが、食事があるところには必ず人が集まります。

 

食事の回数が多いということは、人と会っている回数も多いということ。

 

ご飯は談笑をしながら、つまんでいるといった雰囲気です。

 

食というのは、生きる上で欠かせないものですが、食を楽しむということも大切な要素だなと彼らを見ていて感じます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイの暮らしタイ生活・文化
この記事を書いた人

大学卒業後、青年海外協力隊として2年2ヶ月間アフリカのタンザニアへ!

帰国後はタイにて無農薬有機栽培による生産!

ゆくゆくは、農業ビジネスでアフリカにて新規雇用創出と食糧問題の解決へ。

CHIHIROをフォローする
おらが畑のマイフード

コメント