種子法の廃止によって今後の日本にどのような影響がある?

食の安全・安心

サワディーカップ!Chihiroです。

 

 

『種子法の廃止で今後どうなるのかな?』

 

『私たちの生活に影響は出るの?』

 

 

日本は、2018年の4月に主要農作物種子法(種子法)が廃止されました。

 

この法律は、今まで国から予算が出ていたコメ、麦、大豆等の種子開発にお金が出なくなるということです。

 

廃止された理由として、民間企業の参入を促すため、と言われていますが私たち消費者に影響はあるのでしょうか。

 

今回は、『種子法廃止の理由と一般消費者に与える影響があるのかどうか』について書いていきます。

 

 

この記事は、こんな人におすすめ

・食の問題について知りたい人

・今後の日本の行く末が気になる人

 

 

種子法の目的は、国民が飢えないようにするため

 

 

 

もともと種子法ができたのは、戦後の話です。

 

戦争によって食料がなくなり、飢餓に陥ったとき、再び国民が飢えで苦しむことが起こらないようにしなければならない。

 

そのような経緯から、主食であるコメ、麦、大豆の生産は国が予算を出してまで確保すると定めました。

 

ですが、今の日本では食料廃棄量が世界一になるほど食べ物が溢れています。

 

 

余るほどの食べ物があり、国からの予算が確保されているために民間企業が参入しづらいという理由から廃止へと向かいました。

 

ですが、廃止によってこれから変わってしまうことがあります。

 

 

種子法廃止の影響は4つ

 

 

 

この法律が廃止されたことで、ビジネスを考える企業は参入しやすくなりますが、私たち一般消費者にはデメリットがあります。

 

 

購入できる品種が少なくなり、食の多様性がなくなる

 

国からの予算がなくなると、タネの価格が上がります。

 

タネの価格が上がると、売り値の時にお米の価格も上がります。

 

 

おらが君
おらが君

ということは、お米の値段は上がるってことだね!

 

 

さらにタネを買う農家さんは、なるべく高く売りたいと考えるので、どれが売れるか品種を選択します。

 

すると、人気のブランドとそうでないものが生まれます。

 

 

Chihiro
Chihiro

さらに、買える品種も少なくなるかもしれないね!

 

 

まとめ

 

種子法の廃止によって上記のことが起こるかもしれませんが、そんな状況の中でもタネを繋いでいかなければならないと考える人もいます。

 

野菜でも、市販されているほとんどの野菜はF1のタネが使われていますが、固定種を生産・販売している人もいます。

 

安いという理由だけで、お米を買うのも仕方ないと思いますが、ぜひ安さの裏には理由があることは知っておいて欲しいと思います。

 

マイフードプラカノン店にある『オーガニックだけで安全?』の全文を公開!
サワディーカップ!Chihiroです。バンコクにあるマイフード プラカノン店のメニューには、『オーガニックだけで安全?』という文章があります。今回は、その全文を公開します!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
食の安全・安心食と健康
この記事を書いた人

大学卒業後、青年海外協力隊として2年2ヶ月間アフリカのタンザニアへ!

帰国後はタイにて無農薬有機栽培による生産!

ゆくゆくは、農業ビジネスでアフリカにて新規雇用創出と食糧問題の解決へ。

CHIHIROをフォローする
おらが畑のマイフード

コメント